2014年秋に、南フランスのLa friche belle de mai&MIAMで開催された日本のグラフィズム40年『Mangaro&Heta-Uma』展 に出展を果たし、2015年には、フランスのアートマガジン「HEY!」の表紙を飾ったアーティスト 塙 将良(はなわ まさよし)の立体作品と絵画作品を展示します。

フランスで、オーナー アツコ・バルーと出会い、今回、急遽展覧会を開催する運びとなりました。

彼の立体作品は、グロテスクさをかもしだしながらもキュートさを備えた怪物たちである。まさにキモ可愛い。
樹脂粘土で作られた立体に、ペンとアクリルで、細密に模様と色をつけていく。隙間なくサイケデリックな模様で埋め尽くされた作品は、カラフルな面とモノクロの面を持ち、一体で二度楽しめます。いや、いろんな角度から眺めれば眺めるほど愛着がわいてきそうです。

絵画作品の方は、主に布に布用のペンを使って、ビビッドでサイケデリックな模様を描いています。
こちらも細密に埋め尽くされた世界に、目玉や怪獣達が住んでいます。

吸い込まれる様なサイケの世界に是非浸りにいらしてください。

DSC_1560.JPG

DSC_1559.JPG

Profile

1509024_10153577305574305_7206165190212573188_n.jpg
塙 将良/Masayoshi Hanawa

美容師から転向し、いつの間にかアーティストとなる。おどろおどろしい中にどこか優しさや懐かしさをも含む、縦横無尽に走るビビットな線画を特徴とする。

主な展覧会
2017HEY ! GALLERY SHOW#1 (フランス/Galerie Arts Factory)
2014 Mangaro&Heta-Uma (フランス/La friche belle de mai&MIAM)
2013 HANAWANDER×HUNTER(東京/mograg garage)
2014 HANAWANDER -Necromancer-(東京/Aquvii OfTEN Gallery)
2011 HANAWANDER-Liberation-(東京/ZENSHI)
2009 年繰り返されるこの世界のドーナツに穴は無い(東京/LOOPHOLE)